カードローン>カードローンの使用限度額を理解しよう!

カードローンの一番の問題。
それはなんと言っても借金していると思わずに
お金を簡単に借りる事が出来てしまうという点でしょうね。
少々矛盾した言い回しですが、
それこそ一昔前の借金というのは、店頭に行き、
少々恥ずかしい思いをしながらお金を借りるというものでした。

しかし、最近のカードローンの営業努力、
無人契約機やインターネットでの申し込みなどのおかげで
カードローンの事を借金と思っていない人も多いのが現実です。

ですので、カードローンの利用限度額を
自分の使用可能額と勘違いしてしまっている人も多いのです。
ですので、特に何か必要という訳ではないのに、
利用限度額のおかげで自分に財産が出来たと勘違いしてしまい、
不要な物を購入してしまうという人も多いのです。

お金が無ければ買わないような物も、
カードローンのおかげで購入してしまう。
それは借金をして購入しているという事なんですが、
カードローンのイメージのおかげで
借金をしていると自覚していない部分も出てきているのでしょうね。

ですので、カードローンは借金をする物という事を
しっかりと自覚しなければなりません。
使用限度額は、使用する上限なだけで、
使わなければならないという意味合いのものではないのですから。

inserted by FC2 system