カードローン>カードローンのイメージ

カードローンのイメージ。
これがとても軽いものになってきているために、
カードローンがとても身近なものになって来ている
と言う事が言えるでしょうね。

カードローンというのは借金以外の何者でもないのですが、
「借金」ではなく、「カードローン」というネーミングのおかげで
カードローンと借金を上手く離す事が出来たのではないでしょうか。

実際テレビ等のカードローンのコマーシャルを見ても、
一体何の宣伝なのか解らないという感想を抱く人も少なくありません。
それは、カードローンの実情、
つまりは金利や支払い回数といった事よりも、
カードローンに対するイメージを爽やかなものにする
というイメージのコマーシャルが多いのも一因でしょうね。

カードローンがお金を扱うものであるというイメージを持つのは、
今流れているコマーシャルの中には

「ご利用は計画的に」

という言葉くらいなものなのではないでしょうか。
それ以外では、それこそ本当に何のコマーシャルなのか
解らないという人も多いことでしょう。
しかし、そうしたイメージ戦略こそがカードローン会社の目論見なんです。

カードローン=借金ではなく、
カードローン=身近なもの、誰もが利用しているもの、
そうしたイメージ戦略の元で行なわれているのが
カードローンのコマーシャルなんですね。

inserted by FC2 system