カードローン>カードローン会社の現状を知ること!

利息制限法か出資法か。
それまでのカードローンの利息はとても曖昧な物でした。
しかし、実際にその曖昧さが原因で裁判が起こってしまい、
そしてその裁判で
カードローン会社が敗れてしまうという現実が起きてしまったのです。

これにより、個人レベルで
カードローン会社に利息返却を求める動きが
活発になってきたんですね。
そのおかげで、それまで利益だと思っていた部分を
消費者に逆に返済しなくてはならなくなってしまったんですね。

ですので、カードローン会社は、今では利息はおよそ17%前後、
いわゆる利息制限法の範囲内の利率で抑えられていますし、
賃金業法が度々改正されるにつれ、
カードローン会社の置かれている状況も
厳しいものになっていっているのですね。

しかし、そうしたカードローン会社の状況が
厳しくなってしまっている要因の一つに、
カードローン利用者の現状というものも挙げられます。
それまではそれこそ無尽蔵のように消費者にお金を貸していました。
借入限度額も知らないうちに上昇していたという人も
多いのではないでしょうか。
しかし、それは多重債務への引き金となってしまっていた
部分があったのも否めない事実です。

そうした点から、賃金業法に様々な改正がなされたのですね。

inserted by FC2 system